健康食品を理解しよう【上手く利用すれば健康サポートに役立つ】

お腹

足りない栄養を補給できる

食べ物にはそれぞれ栄養素が入っていますが、苦手な人などは食べられないときがあります。健康食品であれば直接苦手な食べ物を食べなくても栄養素を補給することができます。カロリー計算などもしやすいメリットがあります。

サプリ

成分や容量で差がある

健康食品にはそれぞれ価格があり相場があります。主要成分が何か、どれくらい入っているかによって異なり、通常は一食数百円以内になります。ただ貴重な成分などが入っていると高くなるので、相場を知っておくと良いかもしれません。

メジャー

保健機能食品と一般食品

健康食品委は国が定めた基準を満たした保健機能食品と一般食品に分かれます。保健機能食品の中には特定保健用食品いわゆるトクホがあり、特定の効果に対する厳密な実験と報告が認められているので摂取する上での安心感があります。

サプリメント

上手な利用で健康生活

普段の食生活できちんと栄養が撮れていない人はもちろん、食事に気を遣っている人も加齢などで不足しがちな栄養素を手軽に補給できるのが健康食品です。シニア世代には特に健康な足腰をサポートするグルコサミンなどの健康食品が人気です。健康食品は摂取量をきちんと守って利用するようにしましょう。

ガッツポーズ

若さと元気に役立つもの

中高年になると体力や気力の衰えを感じるようになり、見た目の若さもなくなることがあります。健康食品をいかしていつまでも元気で若々しくいましょう。そのためには諸悪の根源である活性酸素を除去することが大切になります。

機能表示制度がある

服用

許可による違い

アメリカは日本のような健康保険の仕組みがなく、すべての人が適切な医療を受けられるわけではありません。一方で自分で健康のための取り組みができるような仕組みもあります。それが健康食品に関する仕組みで、薬ともことなり、一般の食品とも異なる分野として区別されています。では日本での健康食品の扱いはどうなっているかですが、法律上は薬ではなくて一般食品に該当します。薬剤師などの指導は不要で、臨床などを受けなくても製造販売ができます。健康食品の商品名や広告文などを見ると、いかにもある病気が治るような文面になっているときがあり、その病気に悩んでいる人なら利用したいと考えるかもしれません。しかし薬のような効果はなく、飲んでも意味がない可能性があります。日本では薬以外の商品に薬のような薬効を書くことができない決まりになっていますが、実際に健康食品を購入する人はそれなりに一定の健康効果を求めます。その間を埋める仕組みが必要になってきました。現在は保健機能食品と呼ばれる食品があり、国が許可をすれば一定の機能表示ができるようになりました。特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品などがあり、ただメーカーが製造して販売するだけでなく、国に一定の申請などをして作っています。国が許可をするときにはその機能を証明する情報などを提供する必要があるので、表示されている機能に関して一定の期待ができると言えるでしょう。上手く利用すれば健康サポートに役立てるかもしれません。

Copyright© 2018 健康食品を理解しよう【上手く利用すれば健康サポートに役立つ】 All Rights Reserved.